協働ロボット「JAKA」の取り扱いを開始。東京ビッグサイトで開催の2019国際ロボット展・IDECブースで公開いたします。


 

2019年12月17日
   
IDECファクトリーソリューションズ株式会社(愛知県一宮市、代表取締役:武仲 清貴)はロボットシステムインテグレータとして、「JAKA」の協働ロボット取り扱いを開始。
従来取り扱ってきたユニバーサルロボット、KUKAなど、グローバルで高い評価を受けるロボットメーカー各社の協働ロボットに加え、JAKA日本市場総代理店の進和株式会社と連携し、「JAKA」という新たな協働ロボットの選択肢を提供。
「JAKA」は他社協働ロボットと比べ、圧倒的な価格優位性を持つため、これまで価格面から協働ロボット導入を躊躇していた中小製造業への導入が加速するものと考えています。
なお、弊社が取り扱う「JAKA」協働ロボットは2019年12月18日から東京ビッグサイトで開催の2019国際ロボット展のIDEC出展ブースにて公開いたします。
  
 
 

 

「JAKA」の協働ロボットは、技術の高さはもちろんですが、コストパフォーマンスの高さからも注目を集めています。他の協働ロボットメーカーと比較してもロボット本体の価格優位性は圧倒的です。そのため、これまで協働ロボット導入を、主にコスト面から躊躇していた中小製造業の製造現場での導入が加速するものと考えています。

なお取り扱い開始に際して、2019年12月18日水曜日より東京ビッグサイトで開催される2019国際ロボット展、IDEC出展ブースにて、公開いたします。またブースではJAKA+ROBOTIQ、ABB+Pickit、KUKA+ROBOTIQといった各種ロボットのデモ展示はもちろん、8月より取扱開始しております自律走行搬送ロボット・MiRや、11月のIIFESにて展示いたしましたAMRなど、弊社が取り扱う他社のロボットやハンドも展示しています。弊社展示ブースへのご来場をお待ちしております。

 ■展示会概要
 名称:2019国際ロボット展
 会期:2019年12月18日(水)~21日(土) 10時〜17時
 会場:東京ビッグサイト
 小間番号:西1ホール W1-47
 


【JAKAについて】

JAKA Roboticsは2014年に中国で創業しました。
上海交通大学ロボット研究所が1979年以来培ってきたコア技術および研究開発のDNAを受け継ぎ、ロボット開発分野における権威的な専門家10名以上および経験豊富な技術者100名以上によって強力な研究開発チームを結成。
ドライブ・コントロール・イインテグレーション、インテグラル・ジョイント、フリードライブ・プログラミング、ワイヤレス・コネクションなど複数の応用分野で画期的な実績を打ち立て、常にロボット開発のトレンドをリードしてきました。
JAKAは「ロボットにより人間の両手を自由にする」ことをミッションに掲げ、ひたむきな、専門的な、独創的な精神を貫き、知恵の火種を世界の隅々へ送り届け、さまざまな企業がインダストリー4.0時代に円滑な事業展開ができるようサポートしています。 

 ●JAKA日本市場総代理店の進和株式会社  http://www.shinwa-head.co.jp/
 


 
 
製品の詳細はこちら▼