ロボットシステム

プラグチューブ挿入工程自動化ソリューション

「生産性向上」「人材の有効活用」をめざし、
ロール紙の製造ラインへ協働ロボットを導入

業種
自動車
ソリューション
コスト削減
システム
ロボットシステム

事例の概要

導入先

自動車メーカーT社

導入前の背景や課題

すでに協働ロボットを使用して、エンジンのプラグチューブ挿入工程を自動化していた。
その上でコスト削減のさらなる推進と、導入済みの協働ロボットが特異点の多い協働ロボットであったため、全体的にダイナミックな動きとなり、接触の危険性があることを懸念していた。
安価で安全な動きが取れるJAKAを使用して、同様の自動化実現を目指した

導入ソリューション
  • 第三者認証機関で安全認証を取れている協働ロボットJAKA導入をお客様へ提案。
  • また特異点も少なく、癖のない動きを実現できることを実証し、お客様への正式採用と至った。
導入後の成果
  • ●比較的安価な協働ロボット採用でのコストダウン
  • ●比較的低い衝突力で停止する協働ロボットの採用により、現場での安全性がより増した
  • ●操作画面のインターフェースは想像以上に簡易であり、誰でもすぐに操作ができる
使用製品・サービス
●JAKA社製 JAKA Zu7
  • 共有