よくわかる!安全知識ガイド

リスクの低減方法



ISO12100におけるリスクの低減方法には、リスク低減を目的とした保護方策が用いられます。
リスクを許容できる範囲になるまで、この保護方策を実施していき、最終的にリスクの低減を図ります。
保護方策には、大別して設計者による方策(3ステップメソッド)と使用者による方策があります。

リスク低減に向けた保護方策の流れ


3ステップメソッド(設計者による保護方策)



設計者によって講じられる保護方策のことを「3ステップメソッド」といい、優先度順に
1.本質的安全設計方策
2.安全防護および追加保護方策
3.使用上の情報

に分類されます。

3ステップメソッドの流れ


STEP1.本質的安全設計方策




まず、危険源となるものを排除もしくは隔離するか、リスクを低減した設計を行います。

危険源の排除


STEP2.安全防護

STEP1の本質的安全設計によるリスク低減では解決できない、もしくは十分でない場合、以下の保護方策を講じます。


1.空間的隔離

固定された安全柵により危険源を完全に隔離する

空間的隔離

2.時間的隔離(危険源の停止)

インターロック付き安全柵を設置する


・危険源をすぐに停止できる場合
  ドアスイッチなどを設置


・危険源をすぐに停止できない場合
  電磁ロック付ドアスイッチなどを設置


・人の侵入を検知させる場合
  ライトカーテンなどを設置


・人の存在を検知させる場合
  レーザスキャナなどを設置

時間的隔離(インターロック付安全柵)

3.付加保護方策

安全性を向上させる措置として、非常停止装置などの追加保護方策を実施します。

付加保護方策


STEP3.使用上の注意




リスクが完全に除去または低減しきれなかった場合(=残留リスク)に警告ラベルの貼付や説明書への記載などを行います。

危険源の排除