ロボットシステム

材料供給工程自動化ソリューション

移動型協働ロボットにより、
パーツフィーダーへの材料供給を自動化

業種
自動車
ソリューション
生産性向上
システム
ロボットシステム

事例の概要

導入先

自動車メーカーA社

導入前の背景や課題

無数にあるパーツフィーダーへの部品投入を従来人手で行っていたが、人手による作業には限界もあり、これを自動化できないか、悩みを抱えていた。
常に変わる材料供給条件、パーツフィーダーへの材料を流し込む動作、当然安全性を確保し、移動し、材料を投入するという複雑な条件をクリアできるアプリケーションを模索していた。

導入ソリューション
  • 協働ロボットJAKA Zu7とSLAM(スラム)式AMR MiR200を一体化し、
    移動して材料を投入できる、移動型協働ロボットをご提案。
  • MiRバッテリーで協働ロボットを駆動できるように改造し、
    移動して材料投入できるアプリケーションを実現した。
  • 安全性は、MiRの2個のレーザースキャナとカメラを使った安全走行にて確保した。
  • それ以外にもお客さまの社内規定に従った、より安全な装備を具現化し、
    安全かつ確実な材料供給を実現した。
導入後の成果
  • ●本番ライン導入に向けて鋭意調整中
  • ●さまざまなボトルネック事案をクリアし、2021年度、ラインへ量産投入予定
使用製品・サービス
  • ●JAKA社製 JAKA Zu7
  • ●MiR社 MiR200
  • 共有