社会・インフラ

ビニールハウス農業制御(ハウス制御、灌水制御)ソリューション

温度、雨天時などのビニールハウスの換気窓などの制御を自動化
時間設定や土中水分量などで灌水も適量で対応

業種
農業
ソリューション
品質向上
システム
社会・インフラ

事例の概要

導入の背景
  • ・ビニールハウスでの農業栽培は人力による勘と経験で作業しており、各自のノウハウに依存し、共有が難しく新規従事者の妨げだった。
  • ・季節や天気状況に応じて温度管理が詳細にできず、人が常時管理しないと環境が一定に保てなかった。
  • ・温度や湿度などのデータに応じた状況把握や灌水量等のデータ蓄積ができず、作物の成長管理に最適なデータ等が把握できていない。
  • ・自動制御やデータ収集する仕組みを構築する為には、別途専用のマイコン基板を開発する必要があり、開発やプログラム更新などが簡単にできず、保守性が悪かった。
  • ・水撒き量などが各自の経験や勘に頼った傾向があり、栽培状況に応じた細かい灌水量制御ができていなかった。
  • ・土中水分量など実状況に応じた灌水ができない。
導入ソリューション
  • 換気窓2CH、カーテン2CH、循環扇、CO2発生器、暖房機orミスト発生器の制御
  • 温度、CO2濃度、湿度、日射量をセンサにて監視し、閾値設定にて環境を一定にする自動制御
  • 雨センサで雨天検知を行い、換気窓を自動的に開閉
  • 各種センサ情報をモバイル経由にてクラウドサーバーに定期的に情報を上げ、
    年間のハウス環境状況を把握
  • 時間制御、土中水分センサ等に応じて、灌水を実施
  • メイン盤と増設盤(MAX3台)を組合せる事で最大16系統の灌水を比較的安価に制御可能
  • 流量計接続により実灌水量を制御、履歴管理が可能となり見える化を実現
導入の効果
  1. ●温度や日射などの各センサ情報に応じた換気窓制御、カーテン制御、灌水制御などを自動化でき、
    今までの定期的な巡回が不要に。結果的に、省人化や省力化が図ることができた。
  2. ●雨天時の換気窓を閉じる処理を、雨センサにより自動化することで、
    品質ロスを防ぐことが可能になった。
  3. ●勘と経験による栽培技術からデータ管理による「見える化」で栽培状況を把握でき、
    またデータ蓄積することで作物に応じたBESTな条件を把握できるようになった。
  4. ●携帯などの端末から、クラウド上でハウス状況を把握でき、
    時間や場所を選ばず、夜間や外出時などにも遠隔監視や操作が可能になった。
使用製品・サービス
●H2型農業制御盤

FT1Aタッチコントローラ、FT1APLC、DC電源、CP、端子台、リレー等(IDEC製)、温湿度・CO2センサ、日射センサ(他社製)

●K型農業制御メイン盤、増設盤

HG1Gタッチパネル、FT1APLC、DC電源、CP、端子台等(IDEC製)、日射センサ、EC、PHセンサ、土中水分センサ(他社製)

  • 共有